紀要掲載論文コーナー


・このコーナーには、『都倫研紀要』掲載論文から、著者の許可を得たものを随時掲載していきます。
・題名をクリックしてご覧ください。このページにはブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。
・著作権はそれぞれの著者にあります。引用など、使用にあたっては印刷物と同様、法令に従い、著作権を侵害しないようにご注意ください。
・所属・肩書は執筆当時のものです。お問い合わせは事務局経由が確実です。

目次(2011.7.11現在)

都倫研紀要第41集(平成14年度)より

(1)エコライフ実践者からのメッセージを教材化する−グローバルな視野の育成とともに身近な生活からのエコ活動を−

東京都立目黒高等学校 坂口克彦

叶放送制作・青山学院大学大学院 浅野麻由

(2)精神障害の分類と関わりかた

芝中学・高等学校 石塚健大

(3)デューイのシカゴ実験学校のイメージ

東京都立小平西高等学校 西尾 理

(4)落語をテーマとした倫理学習−仏教・落語・生命の三題噺−

麹町学園女子高等学校 小泉博明

(5)ディベート学習の可能性と限界

東京都立国立高等学校 新井 明

都倫研紀要第42集(平成15年度)より

(1)日本の思想を取り扱うなかで

東京都立飛鳥高等学校 渡辺安則

(2)高校「倫理」における「宗教と人生」の取り扱いと評価

東京都立航空工業高等専門学校 和田倫明

(3)日本仏教と福祉思想−鎌倉仏教を中心に−

麹町学園女子高等学校 小泉博明

(4)「テレビゲーム」のメディアリテラシー

東京都立小岩高等学校 杉岡道夫

(5)『都鄙問答』「性理問答の段」覚え書き

東京都立九段高等学校 佐良土茂

都倫研紀要第44集(平成17年度)より

(1)生活・社会科学的探究を通して生きる力を育成する

東京都立目黒高等学校 坂口克彦

(2)公民科におけるディベートの取り組み

東京都立西高等学校 岡田信昭

(3)「倫理」における日本思想の扱い〜その普遍性を求めて〜

東京都立青梅東高等学校 本間恒男

都倫研紀要第45集(平成18年度)より

(1)情報とのつきあい方教育−メディア・リテラシーの授業を構築する−

東京都立上野高等学校 杉岡道夫

都倫研紀要第46集(平成19年度)より

(1)脱アイデンティティ −エリクソンからミード、そしてフーコーへ−

東京都立立川高等学校 菅野功治

(2)大学学部課程における哲学・倫理学教育と高等学校における「倫理」との連携について

国士舘大学文学部倫理学専攻主任 木阪貴行

都倫研紀要第47集(平成20年度)より

(1)「アガペー」は神の愛を表す言葉か

東京都立山崎高等学校 中村康英

都倫研紀要第48集(平成21年度)より

(1)アウシュビッツの授業に取り組んで30年

東京都立国分寺高等学校 原田 健

(2)「現代社会」における倫理学習の進め方に関する私的考察−研究例会での公開授業を素材として−

東京都立西高等学校  新井 明

(3)徳倫理学(Virtue Ethics)の可能性と危険性−腎臓移植を題材として−

東京都立立川高等学校 菅野功治

(4)財政・税制についての授業実践報告

東京都立青山高等学校 富塚 昇

都倫研紀要第49集(平成22年度)より

(1)第2回研究例会「公開授業」について

東京都立青山高等学校 富塚 昇

(2)高校公民科で若者の「議論」を教材化する−NHK「青春リアル」を題材として−

東京都立総合工科高等学校 坂口克彦

授業実践報告

(1)需要曲線・供給曲線
(2)「私とは誰か」〜記憶の重要性〜
(3)自殺の誤解と予防
(4)時間とは何か
(5)「近代哲学」功利主義・実証主義

お茶の水女子大学附属高等学校 村野光則


トップページへ戻る