都倫研

東京都高等学校公民科「倫理」・「現代社会」研究会


お知らせ
  • 当HPのうち最新のご案内は、左記メニューの「都倫研ブログ」に移行中です(ただしアーカイブはこちらに残ります)。最新のご案内については、今後はブログのほうをご覧ください。

  • 当研究会の参加については事前申し込み制を取っておりませんので、台風・大雪・感染症の流行などによる変更・中止については個別のご連絡ができません。その場合のお知らせについてはこちらをご確認ください。

  • メールアドレスを登録いただくと、研究会のご案内や急な中止連絡などをお送りしています。ぜひご登録ください。左のリンクからwebmasterあてのメールでお知らせください。なおご不用になられた場合は削除しますので同じくご連絡ください。


平成30年度 第二回研究例会のご案内

1.日 時  平成30年11月20日(火)14時20分〜18時00分

2.会 場  東京都立三鷹中等教育学校
      〒181-0004 東京都三鷹市新川六丁目21番21号
      交通 JR中央線 三鷹駅・吉祥寺駅よりバス 
         京王線 調布駅・仙川駅よりバス 
        いずれも、「三鷹中等教育学校」下車(詳細は、同校HP・アクセス)
http://www.mitakachuto-e.metro.tokyo.jp/site/zen/entry_0000002.html

3.内 容
    13:50〜    受付開始 (中棟4F・視聴覚室前)
    14:20〜15:10 公開授業 「カントの義務論」(北棟2F・第4学年C組)
        東京都立三鷹中等教育学校 主任教諭 石浦 昌之 先生
    15:30〜15:50 授業についての研究協議
    16:10〜17:40 学術講演 
        「カントと幸福の問題―なぜカントは功利主義者ではありえなかったのか」
          上智大学文学部 教授 寺田 俊郎 先生
    17:50〜18:00 事務連絡・閉会

※当研究会は東京都教育委員会が認定した教育研究普及団体です。
※事前申し込みは不要です。
※当研究会は個人会費制です。年会費未納の方は会費2,000円をご用意下さい。学生無料。
※お問い合せ   事務局  菅野功治(かんのこうじ)
     東京都立西高校 tel 03-3333-7771 fax 03-3247-1340
            E-mail Kouji_Kanno@education.metro.tokyo.jp

■公開授業について■(石浦昌之先生より)
 西洋近代思想の山場であるカントを取り上げます。前時で、経験論・合理論を批判・統合した認識論を学習し、本時では「人は何をなすべきか」という道徳論を扱う予定です。性善説・理想主義的なカントの義務論は日本の道徳教科書でもお馴染みです。一方、動機を重視するカント道徳は、結果を重視する功利主義の道徳と対立します。授業の後半では思考実験を取り上げて、両者の立場の違いについて対話を行います。

■講師プロフィール■
略歴:1991年 京都大学大学院文学研究科(哲学専攻)博士課程学修退学、1992年 洛星中学・高等学校教諭、2001年 明治学院大学助(准)教授、2004年 大阪大学文学研究科(文化形態論専攻)博士後期課程修了(文学博士)、2010年 上智大学教授(現職)。研究分野イマヌエル・カントの実践哲学、近現代の実践哲学、臨床哲学。著作:『世界市民の哲学』(共編著)晃洋書房、2012年、『哲学カフェのつくりかた』(共著)大阪大学出版会、2014年、『グローバル化時代の人権のために――哲学的考察』(共編著)上智大学出版、2017年、スティーヴン・ダーウォル『二人称的観点の倫理学――道徳・尊敬・責任』(共訳)、法政大学出版局、2017年など。

■講演要旨■(寺田俊郎先生より)
「カントと幸福の問題――なぜカントは功利主義者ではありえなかったのか」
カントは幸福を批判したという誤解はもはや過去のものでしょうが、カントは幸福を軽視していたという誤解はまだまだ根強いのではないでしょうか。道徳的によい人間であるだけでは最高善とは言えず、道徳的によい人間が幸福でもあることこそが最高善だと考えたこと一つとってみても、カントが幸福というものにきわめて高い価値を置いていたことは明らかです。にもかかわらず、カントはその幸福が道徳の原理にはなりえないと主張しました。なぜでしょうか。この報告では、カントが幸福、幸福を慮る思慮(賢慮、怜悧)、幸福への手段に関わる実用的判断などを高く評価していることを確かめたうえで、カントが幸福を道徳の原理とは見なさなかった理由を見極め、そうすることを通じてカントの道徳論の全容をいっそう明確にすることを試みます。最近の「二人称的観点」(スティーヴン・ダーウォル)に基づくカント解釈にも触れる予定です。


平成30年度夏季研究協議会のご案内(終了)

1.日 時  平成30年8月24日(金)13:30〜17:30(13:15受付開始)

2.会 場  首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
            東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル12階1202室
         (地図はこちら
         交通:JR秋葉原駅 電気街口 徒歩1分 ほか
         *オフィスビルのため掲示物等貼りだせません。エレベーターで直接12階までお越しいただき、案内表示に従っておいで下さい。

3.内 容
   (1)13:30〜15:10 読書会: デカルト『省察』(山田弘明訳:ちくま学芸文庫)
            レポーター  東京都立町田高校  久世 哲也 先生
          (レポーターからの案内文はこちら
   (2)15:20〜17:25 主体的・対話的な倫理学習についての研究協議
               担当  かえつ有明高校  古賀 裕也 先生
       @ 哲学対話ワークショップ (15:20〜16:30)
          小グループをつくり、われわれ自身が哲学対話を行ってみます。その後、自分たち自身でその対話について振り返っていきます。
       A 対話を生かした様々な学習方法について (16:35〜17:25)
          哲学対話を現場の授業に取り入れる際の留意点や、哲学対話以外の様々な生徒参加型の授業の進め方について報告を頂き、皆さんで検討したいと思います。
   (3) 17:25-17:30 事務連絡等

4.年会費 2,000円(当日受付)
    ※当研究会は個人会員制です。ご参加には会費を納入いただいております。
5.お問い合せ   事務局  菅野功治(かんのこうじ)
     東京都立西高校 tel 03-3333-7771 fax 03-3247-1340
            E-mail Kouji_Kanno@education.metro.tokyo.jp
    ※当研究会は東京都教育委員会が認定した教育研究普及事業認定団体です。
    ※事前申し込みは不要です。
    ※お問い合わせは上記事務局までメールでお願いします。

*研究会の活動については都倫研ホームページをご覧ください。
       


平成30年度 都倫研総会ならびに第一回研究例会のご案内(終了)

1.日 時  平成30年6月30日(土)13:30〜17:00(13:15受付開始)

2.会 場  東京大学教育学部附属中等教育学校 総合教育棟中会議室
                〒164-8654 東京都中野区南台1丁目15番1号
                交通 JR新宿駅西口交番上から京王バス永福町行または佼成会聖堂行
                  「東大附属」または「南台一丁目」(新宿方面からのみ)下車、徒歩1分ほか
                (詳細はhttp://www.hs.p.u-tokyo.ac.jp/access/)

3.内 容 (1) 記念講演「グローバル化する世界における宗教をどう教えるか」(13:30-14:30)
                東京都立大森高等学校(定) 黒須 伸之 先生
       (2) 平成30年度総会(14:40-15:10)
       (3) 学術講演「対話の解釈学」(15:20-16:50)
              高千穂大学 人間科学部教授 齋藤 元紀 先生
       (4) 事務連絡等(16:50-17:00)

4.年会費 2,000円(当日受付)
      ※当研究会は個人会員制です。ご参加には会費を納入いただいております。

5.お問い合せ   事務局  和田倫明(わだみちあき)
      産業技術高専荒川キャンパス tel 03-3801-0145 fax 03-3801-9898
                   E-mail mwada@gakushikai.jp
      ※当研究会は東京都教育委員会が認定した教育研究普及事業認定団体です。
      ※事前申し込みは不要です。
      ※お問い合わせは上記事務局までメールでお願いします。

◆講演講師プロフィール◆
齋藤元紀(さいとう・もとき)1968年生。法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程中退。法政大学・首都大学東京・立教大学等兼任講師を経て、現在高千穂大学人間科学部教授。専門は、哲学・倫理学・思想史。
著書に『存在の解釈学―ハイデガー『存在と時間』の構造・転回・反復』(法政大学出版局、2012年)、『始まりのハイデガー』(共編著・晃洋書房、2015年)、『連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦』(編著・講談社、2015年)、『ハイデガー哲学は反ユダヤ主義か』(共編著・水声社、2015年)、『21世紀の哲学をひらく』(共編著・ミネルヴァ書房、2016年)、『終わりなきデリダ』(共編著・法政大学出版局、2016年)など。
◆講演内容◆
 「対話」も「解釈学」も、哲学では古来より長い歴史をもつが、現代哲学の主要な潮流の一つである「哲学的解釈学」にも「対話」の精神は息づいており、他方、近年教育現場や市民活動において高まりをみせる「哲学対話」にも「解釈学」の営為を認めることができる。そこで「対話」と「解釈学」の交錯点に目を向け、われわれの思考の経験とは何か、またそのさいの教育(=教養・形成)とは何かについて、あらためて考えてみることにしたい。


会費納入ご協力のお願い

 研究会の運営には、会員の皆様からの会費納入のご協力が不可欠となっております。総会・例会にご出席の折に承っておりますが、なかなかご出席になれない会員様にお願いするのは心苦しいところがありますが、ご案内送付や紀要の送付をさせていただきたいと思いますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。なお恐縮ですが振込手数料はご負担ください。
 なお都合により従来使用しておりました郵便振替口座は解約しましたのでご注意ください。
      みずほ銀行 東青梅支店 (普)1675084
      東京都高等学校 倫理 現代社会 研究会


高校倫理研究会
『高校倫理が好きだ! 現代(いま)を生きるヒント』
清水書院 (定価 \1.380+税)

20人以上の哲学者たちとの対話への誘い --- コンパクトに読みきりで

「高校倫理教育にかかわってきた教員や研究者が、それぞれ自分と深く響き合ってきた人物を選び、彼らとの心の対話へと読者を誘います。世の中がどのように変わろうとも失われない「倫理」教育の原点、そして今とこれからの「倫理」教育の姿を通して、人間にとって倫理とは何なのかが見えてくる一冊です。」

*都倫研メンバーによる久々の出版物です。ぜひお手にとってご覧いただき、お買い求めください。 *Amazonでも注文できます(電子書籍kindle版もあります!)。→こちら


東京都高等学校公民科「倫理」「現代社会」研究会(略称:都倫研)
お問合せは左記「webmasterへのメール」からどうぞ。