都倫研

東京都高等学校公民科「倫理」・「現代社会」研究会


お知らせ
  • 当HPのうち最新のご案内は、左記メニューの「都倫研ブログ」に移行中です(ただしアーカイブはこちらに残ります)。最新のご案内については、今後はブログのほうをご覧ください。

  • 当研究会の参加については事前申し込み制を取っておりませんので、台風・大雪・感染症の流行などによる変更・中止については個別のご連絡ができません。その場合のお知らせについてはこちらをご確認ください。

  • メールアドレスを登録いただくと、研究会のご案内や急な中止連絡などをお送りしています。ぜひご登録ください。左のリンクからwebmasterあてのメールでお知らせください。なおご不用になられた場合は削除しますので同じくご連絡ください。


令和元年度 第三回研究例会

1.日 時  令和2年2月18日(火)14時20分〜18時00分

2.会 場  東京都立足立新田高等学校 視聴覚教室(3階)
          〒123−0865 東京都足立区新田2−10−16 TEL:03−3914−4211(代表)
          交通 東京メトロ南北線「王子神谷」駅下車 徒歩12分
              JR京浜東北線「王子」駅下車 バス・徒歩15分
              (詳細はこちら

3.内 容
        13:50〜 受付開始 視聴覚教室(3階)
        14:20〜15:10 公開授業「他者との差異の認識と合意形成について」(予定)(3階:2年6組「倫理」)
                    東京都立足立新田高等学校 主幹教諭 加藤 隆弘 先生
        15:20〜15:30 公開授業についての研究協議
        15:40〜17:10 学術講演「人権に息をふきこむ−レヴィナスの責任論を手がかりに」
                    國學院大学 准教授 小手川 正二郎 先生
        17:20〜17:50 記念講演 「『与える人が与えられる』ことの意味 ―都倫研から学んだこと―」
                    東京都立小川高等学校長(前都倫研会長) 山本 正 先生
        17:50〜18:00 事務連絡・閉会

■公開授業について■(加藤隆弘先生より)
2013年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」最優秀賞「めでたし、めでたし?(僕のお父さんは桃太郎というやつに殺された)」山?博司さん(博報堂)を題材に、「他者との考えには差異があり合意形成するためには対話が必要性である」ことを生徒と学ぶ。具体的には前授業で、桃太郎の立場からの物語を視聴し正義者と悪者を考察した。本時では、鬼の子供からの意見を生徒に提示し、正義者と悪者を再び考察していく。そして、立場の違いにより正義が異なることを認識させ、桃太郎と鬼が共存共栄する合意形成には「対話」が必要であることを生徒に気づかせる授業展開を考えている。 ■学術講演講師プロフィール■
略歴:2012年 慶應義塾大学大学院文学研究科修了。2014年國學院大學文学部哲学科助教、2016年國學院大學文学部哲学科准教授(現職)。研究分野:現象学・フランス哲学  著作:『甦るレヴィナス――『全体性と無限』読解』(水声社、2015年)、『現実を解きほぐすための哲学』(トランスビュー、2020年3月出版予定)。共著:『フェミニスト現象学への招待』(ナカニシヤ出版、2020年3月出版予定)、New phenomenological Studies in Japan (Springer, 2019), 『続・ハイデガー読本』(法政大学出版局、2016年)、『終わりなきデリダ』等(法政大学出版局、2016年)など。訳書:サロモン・マルカ『評伝レヴィナス――生と痕跡』(共訳、慶應義塾大学出版会、2016年)最近の関心:性差(フェミニズム、男性性)、人種、家族(親子関係、養子縁組、虐待)、責任(日本国内の難民問題)
■学術講演要旨■(小手川先生より)
 人権を尊重するということが他の諸関心や諸利害によって蔑ろにされたり、人権がそもそも西欧中心的な概念だとして批判されたりする現代において、人権が意味をもちうるとしたらいかにしてでしょうか。フランスの哲学者エマニュエル・レヴィナスは、1985年の論考「人間の諸権利と他者の諸権利」(『外の主体』所収)で、こうした問いに取り組もうとしました。彼の主張は、人権が意味をもちうるのは、私たち一人一人が他人と出会う際に感じる責任から出発することによってのみである、というものです。この一見すると素朴に見える考え方は、「他人と出会うこと」に倫理の本質を見てとるレヴィナスの倫理が実践的な場面でいかなる意義をもちうるかを考えるうえでも重要となります。本講演では、日本における難民受け入れという実践的問題を手がかりに、人権が具体的な他人の具体的な訴えにおいて現れ、その訴えに直面して感じられる責任を通してのみ意味と効力をもつことを強調するレヴィナスの議論がいかなる実践的意義をもちうるかについて、皆さんと一緒に議論できたらと考えています。
■記念講演講師プロフィール■
大学卒業後、カトリック系の中高一貫校に4年間勤務。教科書だったコンプリ先生達が書かれた【人間を考える】に導かれて、都倫研の大会に出席する機会を得、その活動のすばらしさに触発されて、公立高校の受験を目指し昭和62年度「倫理」で入都してから都倫研の事務局を務めるようになった。その後、資料集、指導書、授業実践集等の執筆を多く任され、倫理のテーマ的な取り組みに尽力してきた。平成13年から都立代々木高校三部制を皮切りに副校長を9年間、校長は現在の小川高校で10年目(中学校校長3年間を含む)を迎えている。平成19年度より6年間、都倫研副会長、平成26年度より5年間、都倫研の会長を任され、平成28年度には、中央教育審議会初等中等教育分科会教育課程部会「考える道徳への転換に向けたワーキンググループ」の委員を歴任した。
■記念講演要旨■(山本先生より)
 「与える人が与えられる」というボブ・バーグとジョン・デイビット・マンの著書があります。この中に「あなたの本当の価値は、どれだけ多く、受け取る以上のものを与えるかによって決まる」という一節があります。そして、「自分の価値を高めるのは、自分自身でしかない。・・・結局、あなたがどういう人間かが問われてくる」とも述べられています。振りかえってみると都倫研と歩んできた私の足跡は、実は、自分を成長させながら「与えることが出来るものは何か」を探し求める旅でもあった。そして、これからも、都倫研は、この使命を見失わずに、存在意義を持って脈々と生き続けていくのだと実感しています。感謝を込めて、「与える人が与えられる」ことの意味を記念講演を通して考えてゆきたいと思います。

        ※当研究会は東京都教育委員会が認定した教育研究普及団体です。事前申し込みは不要です。
        ※当研究会は個人会費制です。年会費未納の方は会費2,000円をご用意下さい(学生無料)。
        ※お問い合わせ先:東京都高等学校公民科「倫理」「現代社会」研究会事務局
                東京都立西高校 菅野功治(かんのこうじ)
                TEL 03-3333-7771 fax 03-3247-1340
                E-mail Kouji_Kanno@education.metro.tokyo.jp


令和元年度 冬季研究協議会(終了)

1.日 時  令和元年12月26日(木)13:20〜16:55(13:00受付開始)
       * 11月19日(火)に、駒場高校で配布した「ご案内(案)」よりも、開始時間が10分繰り上がっておりますので、ご注意下さい。

2.会 場  首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
          東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル12階1202室
            (地図はこちら
          交通:JR秋葉原駅 電気街口 徒歩1分 ほか
           *オフィスビルのため掲示物等貼りだせません。エレベーターで直接12階までお越しいただき、案内表示に従っておいで下さい。
3. 内 容 (1)13:20〜15:00 読書会:アダム・スミス『道徳感情論(上・下)』(岩波文庫)
                レポーター      都立足立西高校  宇田 尚人 先生
           *レポーターからの案内文はこちら
              特に、第1部と第6部はしっかり読んできて下さい。
      (2)15:10〜16:45 新科目「公共」の「公共の扉」の指導事例の研究会
          「自然と人間は共生できるか?持続可能な社会をつくる環境倫理」
                都立三鷹中等教育学校  石浦 昌之 先生
          「文化祭を成功させるには?社会契約説から考える」
                都立西高等学校     菅野 功治 先生
          「あなたにとっての美とは何か?」
                かえつ有明高等学校   古賀 裕也 先生
                都立西高等学校     菅野 功治 先生
           *『「公共の扉」をひらく授業事例集』(清水書院)から、授業事例を取り上げて検討します。購入済みの方はご持参下さい。
              (当日、会場でも販売します。)
      (3) 16:45-16:55 事務連絡等

4.年会費 2,000円(当日受付)
        ※当研究会は個人会員制です。ご参加には会費を納入いただいております。
5.お問い合せ  事務局  菅野功治(かんのこうじ)
     東京都立西高校 tel 03-3333-7771 fax 03-3247-1340
            E-mail Kouji_Kanno@education.metro.tokyo.jp
        ※当研究会は東京都教育委員会が認定した研究推進団体です。
        ※事前申し込みは不要です。
        ※お問い合わせは上記事務局までメールでお願いします。

*研究会の活動については都倫研ホームページ http://www.torinken.org/ 並びに、都倫研ブログ http://torinken.hatenablog.com/ をご覧下さい。


令和元年度 第二回研究例会(終了)

1.日 時  令和元年11月19日(火)14時10分〜17時50分

2.会 場  東京都立駒場高等学校
          〒153-0044 東京都目黒区大橋二丁目18番1号
          交通 京王井の頭線駒場東大前より徒歩7分 
              東急田園都市線池尻大橋駅より徒歩7分 
              渋谷より東急バス51「松見坂上」下車0分
            (詳細は、同校HP・アクセス→こちら

3.内 容
        14:10〜15:00 公開授業「合意形成のあり方を考える」(本館5F・1年7ホーム)
                  東京都立駒場高等学校 主任教諭 外側 淳久 先生
        15:15〜15:45 授業についての研究協議
        16:00〜17:30 学術講演 「ハーバーマスにおける公共と民主主義」
                早稲田大学 政治経済学術院 教授 齋藤 純一 先生
        17:40〜17:50 事務連絡・閉会

4.年会費 2,000円(当日受付)
      ※当研究会は個人会員制です。ご参加には会費を納入いただいております。

5.お問い合せ   事務局  菅野 功治(かんの こうじ)
         東京都立西高校 tel 03-3333-7771 fax 03-3247-1340
            E-mail Kouji_Kanno@education.metro.tokyo.jp
      ※当研究会は東京都教育委員会が認定した教育研究普及事業認定団体です。
      ※事前申し込みは不要です。
      ※お問い合わせは上記事務局までメールでお願いします。

■公開授業について■(外側淳久先生より)
 現代の政治思想として、ハーバーマスらを取り上げ、合意形成のあり方を考察する。令和4(2022)年度から始まる新科目「公共」の意義と性格を確認し、実践をしていきたいと考えている。具体的には、前時までに、近現代の政治哲学を通史的に確認し、国家のあり方、そしてそこに暮らす人間の在り方を探求していく。その上で、本時においては、そうした先哲の思想から、社会的な諸課題を追究・解決する学習過程を授業内に設け、「対話」を通じて学びを深めていきたい。
■講師プロフィール■
略歴:1989年 早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学、同年 横浜国立大学経済学部助教授、1994-95年プリンストン大学客員研究員、2000年 横浜国立大学教授、2004年 早稲田大学政治経済学術院教授(現職)。研究分野: 政治理論・公共哲学。著作:『公共性』岩波書店、2000年、『自由』岩波書店、2004年、『政治と複数性――民主的な公共性にむけて』、2008年、『不平等を考える――政治理論入門』ちくま新書、2018年など。翻訳: ジョン・ロールズ『政治哲学史講義』岩波書店、2010年ほか。
■講演要旨■(齋藤純一先生より)
「ハーバーマスにおける公共と民主主義」
ハーバーマスは「理由」を交換・検討するコミュニーケーション、民主的な意思形成を重視します。理性は、主観的なものではなく、間主観的なものであると考えるからです。また、理由の検討を蔑ろにするような意思形成、現在の多数意志だけを重視するような民主主義は危ういと考えるからです。ハーバーマスは、民主的な意思形成がポピュリズムに転化しないようにするためには、意思形成(willing)は理由の検討(reasoning)によって媒介されている必要がある、と見ます。それでは、そのような理由の交換・検討(討議)はどのようなかたちでなされうるでしょうか。この講演では、『公共性の構造転換』から『事実性と妥当』を経てその後の著作に至るハーバーマスの議論を適宜参照しながら、主に多元性の条件のもとでの民主的な意思形成について考えてみたいと思います。民主主義への支持や愛着が自明なものではなくなってきているいま、民主主義はそもそもなぜ正当化されうるのか、そしてどのような民主主義を擁護すべきなのかについて議論できれば幸いです。


令和元年度 都倫研「サマースクールin都留」(夏季研究協議会)のご案内(終了)

1.日 時  令和元年7月25日(木)13:10〜17:40(12:50受付開始)

2.会 場  都留文科大学3号館3203教室並びに1号館1111教室(書道教室)
           山梨県都留市田原3−8−1(地図はこちら
          交通: JR中央線特急大月駅(新宿より60分)→富士急行線都留文科大学前駅(22分)下車→徒歩5分

3 内 容
   (1) 13:15〜14:30 学術講演(3号館3203教室):「グローバルな時代の教育行政」 都留文科大学学長  福田 誠治 先生
   (2) 14:50〜16:20 公開授業(1号館1111教室:書道教室): 「社会科教育学」都留文科大学教授  西尾 理 先生
   (3) 16:30〜17:10 記念講演: 「私と都倫研」 都留文科大学教授  西尾 理 先生
   (4) 17:20〜17:30 事務連絡
  *希望者は、9:10-10:40「公民科教育法」(学生による「倫理」の模擬授業:ソクラテス)も参観可。直接、1号館1111教室(書道教室)にお越し下さい。

4.年会費 2,000円(当日受付)
  *当研究会は個人会員制です。学生の方は無料となります。

5.交通のご案内
 〈往き〉
  新宿10:30発かいじ5号→大月11:28着→11:48発富士急行特急→都留文科大学前12:03着
  新宿11:30発あずさ13号→大月12:28着→11:46発富士急行特急→都留文科大学前13:04着
 〈帰り〉
  都留文科大学前18:06発富士急行特急富士回遊20号→新宿19:27着
  都留文科大学前22:26発富士急行→大月22:55発→高尾23:38発→新宿00:03着

6.お問い合せ   事務局  菅野功治(かんのこうじ)
     東京都立西高校 tel 03-3333-7771 fax 03-3247-1340
            E-mail Kouji_Kanno@education.metro.tokyo.jp
    ※当研究会は東京都教育委員会が認定した教育研究普及事業認定団体です。
    ※事前申し込みは不要です。
    ※お問い合わせは上記事務局までメールでお願いします。
 *研究会の活動については都倫研ホームページ http://www.torinken.org/ をご覧下さい。

◆学術講演講師プロフィール◆
1950年生まれ、都留文科大学学長兼副理事長。研究テーマは「人間形成論」、教育哲学/比較文化専攻。ソビエト教育学を一貫して研究。とりわけ、1920年代の新教育の理論をテーマとした。近年は、教育分野における民族問題、とりわけ言語権について研究してきた。2005年以降、フィンランドの教育を集中的に研究している。また、2008年よりデンマークの教育研究に広げている。この4年間は、都留文科大学学長として、日本の大学で初めてとなる学部で国際バカロレア教員基礎資格を取得し、英語で教育する国際教育学科を新設した。著書は、『競争やめたら学力世界一』(朝日新聞出版、2006年)、『格差をなくせば子どもの学力は伸びる』(亜紀書房、2007年)、『競争しても学力行き止まり』(朝日新聞出版、2007年)、『子どもたちに「未来の学力」を』(東海教育研究所、2008年)、『フィンランドは教師の育て方がすごい』(亜紀書房、2009年)、『こうすれば日本も学力世界一』(朝日新聞出版、2011年)、『フィンランドはもう「学力」の先を行っている』(亜紀書房、2012年)、『国際バカロレアとこれからの大学入試改革』(亜紀書房、2015年)、『ネオリベラル期教育の思想と構造』(東信堂、2017年)など。
◆学術講演要旨◆
近代、学校教育は「内政」の重要な柱で、国民そのものを形成しようとした。グローバルに人が動く時代になると、それにふさわしい教育像が形作られる。これを企画することになるのは、国際経済機構であるOECDである。画期点は1995年のWTOであり、義務教育もまたサービスとして商品化されることになった。いかにして、各国の教育行政に入り込み、議会の審議や学会の審査を受けることもなく、行政的・命令的な手法で世界の教育行政が作り変えられていくのか、そのことを問題にしてみる。
◆公開授業及び記念講演講師プロフィール◆
1988年度から都立高校教諭。代々木高校三部制、小平西高校、六郷工科高校デュアルシステム科、小金井工業高校、国分寺高校、国際高校において、現代社会、政治・経済、倫理、世界史、地理等を担当。その間、東京都教育研究員(2000年度)、大学院派遣研修(上越教育大学大学院:2002〜2004年度)。2017年度より都留文科大学文学部社会学科教授、2018年度より同、教養学部地域社会学科教授。
◆公開授業及び記念講演学術講演要旨◆
 都倫研には、政治・経済で採用されたにもかかわらず、新採1年目から参加させていただいた。例会だけではなく、分科会があり、そこで教材化の方法、さまざまな文献、知見などを学ばせてもらってきた。公開授業や研究発表、研究部長や事務局長も経験させていただき、気がつけばもう31年の月日がながれていた。今回の公開授業は、社会科教育学という講座である。都倫研で学ばせていただいたことも踏まえて、学生に資するような授業を展開したいと考えている。また講演では、都倫研との関係を中心に、自らがどんな課題を追求してきたか、これから追求していくのかをお話ししたいと思っている。


令和元年度 都倫研総会ならびに第一回研究例会(終了)

1.日 時  令和元年6月15日(土)13:30〜17:00(13:15受付開始)

2.会 場  首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
           東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル12階1202室 (地図はこちら
           交通:JR秋葉原駅 電気街口 徒歩1分 ほか
          * オフィスビルのため掲示物等貼りだせません。エレベーターで直接12階までお越しいただき、案内表示に従っておいで下さい。

3.内 容 (1) 記念講演 (13:30-14:30)
            『都倫研への期待』 帝京大学 教育学部教授 増渕 達夫 先生
        (2) 令和元年度総会(14:40-15:10)
        (3) 学術講演(15:20-16:50)
            『高校新科目「公共」について ―哲学の視点から―』 武蔵野大学 グローバル学部教授 一ノ瀬 正樹 先生
        (4) 事務連絡等(16:50-17:00)

4.年会費 2,000円(当日受付)
      ※当研究会は個人会員制です。ご参加には会費を納入いただいております。

5.お問い合せ   事務局  菅野 功治(かんの こうじ)
         東京都立西高校 tel 03-3333-7771 fax 03-3247-1340
            E-mail Kouji_Kanno@education.metro.tokyo.jp
      ※当研究会は東京都教育委員会が認定した教育研究普及事業認定団体です。
      ※事前申し込みは不要です。
      ※お問い合わせは上記事務局までメールでお願いします。

◆記念講演講師プロフィール◆
昭和57年度から都立高校教諭。「倫理」、「現代社会」、「政治・経済」などを担当。平成7年度及び8年度は都倫研及び全国高等学校公民科「倫理」「現代社会」研究会(全倫研)事務局長を経験。平成11年度から東京都教育委員会指導主事等として、三宅出張所、指導部高等学校教育指導課、指導企画課、人事部試験課、学校経営支援センターなどで勤務。指導部長、教育監(東京都教職員研修センター所長兼務)などを経て、平成31年4月から現職。
◆記念講演要旨◆
私は、教員として採用された年から都倫研で勉強させてもらってきた。都倫研では、教科指導や生徒指導はもとより、教員としての在り方など多くのことを学ばせていただいた。学習指導要領改訂期の今、教育課程全体の中での各教科等の位置付けを確認し、各研究団体の求心力を高め、その存在意義を広く主張できる絶好の機会であると考える。都倫研が創設以来果たしてきた役割や実績を踏まえ、更なる発展に向けた議論のための情報提供になれば幸甚である。
◆学術講演講師プロフィール◆
1957年生まれ。茨城県立土浦第一高等学校卒業、東京大学文学部卒業、東京大学大学院哲学専攻博士課程修了。博 士(文学)。東京大学名誉教授・オックスフォード大学名誉フェロウ・武蔵野大学グローバル学部教授(哲学)。和辻哲郎文化賞、中村元賞などを受賞。おもな著書に、『死の所有』東京大学出版会、2011年、『確率と曖昧性の哲学』岩波書店、2011年、『放射能問題に立ち向かう哲学』筑摩選書、2013年、『英米哲学入門』ちくま新書、2018年など、 論文に"Normativity, probability, and meta-vagueness" (Synthese, 194:10, 3879-3900, 2017)など。
◆学術講演要旨◆
 哲学教育についての私の立場を簡単に述べた上で、高校新科目『公共』について、指導要領などの検討委員を務めた経験を踏まえて、哲学の視点から検討を加える。とりわけ、「公共」三部構成の最初である「公共の扉」の部分に焦点を当てて、哲学研究者の視点から、どのような点に注意すべきか、どのような意味で将来の改善可能性を期するべきか、を論じたい。たとえば、領土問題や憲法の扱い、死生の問題の扱い方、人間規定と優生思想の問題、そして、義務論と功利主義の対比の問題、などを取り上げたい。岩波書店『思想』2019年3月号掲載の拙論に基づいて、論を展開する予定である。


会費納入ご協力のお願い

 研究会の運営には、会員の皆様からの会費納入のご協力が不可欠となっております。総会・例会にご出席の折に承っておりますが、なかなかご出席になれない会員様にお願いするのは心苦しいところがありますが、ご案内送付や紀要の送付をさせていただきたいと思いますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。なお恐縮ですが振込手数料はご負担ください。
      みずほ銀行 東青梅支店 (普)1675084
      東京都高等学校 倫理 現代社会 研究会


東京都高等学校公民科「倫理」「現代社会」研究会 編著
『新科目「公共」 「公共の扉」をひらく授業事例集』
清水書院 (定価 \1,800+税)

新科目「公共」の分かりやすい解説と、「内容A 公共の扉」部分に的を絞り、都倫研の授業実践の蓄積に基づいた、新しい授業方法にも目配りをしながらの合計22の授業事例を提案。これからの授業作りや教材作りの参考に、また「現代社会」の授業で先取りしての活用も。

*Amazonでも注文できます→こちら


高校倫理研究会
『高校倫理が好きだ! 現代(いま)を生きるヒント』
清水書院 (定価 \1.380+税)

20人以上の哲学者たちとの対話への誘い --- コンパクトに読みきりで

「高校倫理教育にかかわってきた教員や研究者が、それぞれ自分と深く響き合ってきた人物を選び、彼らとの心の対話へと読者を誘います。世の中がどのように変わろうとも失われない「倫理」教育の原点、そして今とこれからの「倫理」教育の姿を通して、人間にとって倫理とは何なのかが見えてくる一冊です。」

*Amazonでも注文できます(電子書籍kindle版もあります!)。→こちら


東京都高等学校公民科「倫理」「現代社会」研究会(略称:都倫研)
お問合せは左記「webmasterへのメール」からどうぞ。